フレームのない藍染ファブリックパネル

さりげないお部屋のアクセントに。

お部屋に「アートを飾る」なんて、敷居の高いことでは…
と思っている方にこそおすすめしたい「ファブリックパネル」。

どんなコーナーに飾っても、さりげなくお部屋を演出してくれます。

飾り方いろいろ

薄くて軽いので、壁にかける以外にも楽しみ方色々。

①壁にたてかける

藍染ファブリックパネル
ちょうどよい高さの棚などがあれば、壁にかけずに立てかけて飾ってみても。

②卓上サイズのイーゼル・皿立てに置いてみる

藍染ファブリックパネル「今宵はワインで」
描きかけのキャンバスのように置いてみると、壁にかけたときとまた違った雰囲気に。

持ち運びが気軽にできるので、かけ替えるのも簡単です。
気分によって飾る場所を変えたりしながら、カジュアルに飾ってください。

23㎝角ラインナップ

27㎝角ラインナップ

Coming Soon!

Coming Soon!

Coming Soon!

大田耕治の作品たち

大田耕治藍染の世界

こちらのウェブサイト「KOJI OTA INDIGO WORKS」では、これまでの作品のアーカイブがご覧になれます。初期の作品から、受賞作品、大きな作品まで閲覧できます!

インスタグラムでも作品を紹介しています。新作のチェックはこちらで!


あとりえしおんONLINE SHOP

「藍染とうつわ」カテゴリー