熱く溶けたガラスの玉。それに命を吹き込むつくり手。

美しい彩と形を与えられた作品達は、つくり手の しなやかな魂を内包して・・・ただそこにある。

「溶けたガラスを巻き取ると、ひとつの命を受け取ったかのように感じる」とおっしゃる宙吹きガラスの作家さん、福岡県にある「鎧坂ガラス工房」高橋克典ガラス展が行われます。

高橋克典ガラス展@ぎゃらりぃSARA

 

高橋克典ガラス展 Vol.2 @ぎゃらりぃSARA

2014年6月4日(水)~13日(金) 11:00~18:00 

※会期中は休まず開廊いたします。

★作家さんの来廊予定日:6月4日(水)、8日(日)

高橋先生を囲むお茶会のお知らせ

6月4日(水)・8日(日) 14:00~

福岡からお越しいただく高橋先生を囲むティータイムを設定しております。

ご予約は不要です!直接先生とお話しして、「宙吹きガラス」の制作秘話などをうかがうチャンスです。ぜひご来場ください。

高橋克典ガラス展プレセール

高橋 克典プロフィール

1959 岐阜県生まれ 早稲田大学卒業

1986 江副グラスデザイン研究所入所

1994 外務省在外公館 収蔵

1998 長野オリンピック文化芸術祭出品

2002 鎧坂ガラス工房設立

実は、2011年に第1回目の「高橋克典ガラス展」がぎゃらりぃSARAにて行われました。

昨年の高橋克典ガラス展

宙吹きガラス

宙吹きガラスとは、窯の中で溶けたガラスを吹き棹の先に巻き取って、息を吹き込んで成形する技法です。

シャボン玉を、ふーっとふくらますイメージでしょうか…いやいや、そんな簡単なものではありません!こちら↓のお皿、よく見ると小さな銀色のドットが入っているのがわかりますか?ガラスを吹きながら、細かい装飾を施していく繊細さと、身体全体を使って成形していくダイナミックさの妙を、ぜひ実物を見て感じていただきたいです!

高橋克典ガラス展@ぎゃらりぃSARA

飾って楽しい作品たち

使って楽しめるお皿やカップ、グラスなどの展示もたくさんありますが、これは何?!という楽しい作品も。

高橋克典ガラス展@ぎゃらりぃSARA

こちら↑は、玉虫色に輝く何とも言えない形の水差し?!惑星のようでもあります。スタッフMのお気に入りで、2011年の展示会で一目惚れして、どうしても離れがたく、傍に置くことにしました。現在あとりえしおんの店頭にてこっそり飾っておりますので、(売りませんよ!!)ぜひご覧になってください!今回は、彼らの仲間たちは来るのでしょうか…

高橋克典ガラス展@ぎゃらりぃSARA

こちら↑に見覚えのある方がいらっしゃいますか?!お店のカウンターに、これもひっそり置いてある、ペーパーウェイトです。実は高橋克典先生の作品。何だかこれも、地球外生物が出てきそうな、宇宙船の形をしております…

今回の展示会も、渾身の大作から日々の器まで揃います。

ぜひ会場、ぎゃらりぃSARAにて、見て触れて感じてくださいね!!お待ちしております(*^-^)
お申込み・お問い合わせ

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!ボタンを♪