大田耕治藍染展~春のかおりをのせて~ @ぎゃらりぃSARA

2015年3月3日(火)~14日(土) 11:30~18:00 

※日・月はお休み

大田耕治 プロフィール

1953年 東京生まれ。大学では工学部光工学科で色彩を研究。その後、デザイン専門学校でインテリアデザインを学ぶ。設計事務所勤務後、地元広島に戻り美術系専門学校の設立に関わる。

1986年 藍染工房を設立し創作活動開始。当初はシルクスクリーンなどを用いたコンテンポラリーな作品をモダンアート展などに出展・発表しつつ、京都に通いながら伝統的な藍型染めを学ぶ。1990年代より、藍の色彩のみで表現する、「抜染型染」の技法を用いた独自のスタイルで作品を展開。展覧会出品・個展開催を続けている。

1994年:モダンアート展初出品 入選

1995年:静岡 富嶽ビエンナーレ展 入選

2002年:日本のアート展in Canada オタワ下院賞受賞

2004年:新美工芸展 初出品 新美工芸会賞受賞

2006年:新美工芸展 読売テレビ賞・ 新匠工芸展 初出品 新人賞受賞

2008年:サロン デュ ブラン JML賞受賞

2012年:新匠工芸展 会友賞受賞 現在、新匠工芸会会員

第69回新匠工芸展覧会 出品作品 凱旋披露

昨年11月まで行われました、「第69回新匠工芸展覧会」へ出品した屏風を展示いたします。藍染抜染技法を用いた大作からはエネルギーを感じます。ぜひご高覧ください。

(↓:第69回新匠工芸展覧会@京都市美術館別館 の様子)

春にぴったりな藍染テーブルウエア&インテリア小物

春らしいバラの新柄も登場します。テーブルランナー、ランチョンマット、コースターをはじめとするテーブルウエア、そして、お部屋を彩るタペストリーや額、クッションなどのインテリア小物も「春」を感じる桜の花や、さくらんぼを展示いたします。新作は、会期直前・会期中に随時Facebookでもご紹介する予定です。お楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね!ボタンを♪